出刃包丁を選ぶ時のポイントは自分に合った刃の材質で選ぶ事

サイトマップ

包丁

出刃包丁は日本固有の包丁で材質で選ぶ

出刃包丁は日本固有の包丁で、昔から魚を食べる習慣があった日本にしか無い包丁です。発祥は江戸時代の大阪堺市であるとされており、出刃包丁を最初に開発した堺市の鍛冶職人が出っ歯であった頃から、出っ歯包丁、出歯包丁、出刃包丁と名前が変わって行ったとされております。
出刃包丁は主に魚をおろす為に開発された物で、魚の骨を切ったり魚の鱗をはがしたりする為、他の包丁に比べて刃先がとがっており、刃の幅が厚く重みがあるのが特徴です。他の三徳包丁や菜切り包丁等では出来ない調理ができますので、特に魚をおろす時には出刃包丁を使う様にして下さい。
他の包丁でも同じですが、出刃包丁を選ぶ時のポイントは、その刃の材質で選ぶ事が大切です。この材質によって切れ味が決まると言っても過言ではありません。出刃包丁の刃の材質には、青鋼、白鋼、日本鋼等があり、最も切れ味が優れているのは青鋼です。
次いで白鋼、日本鋼となりますが、切れ味、耐久性、研ぎ易さの面からして一般の方でも白鋼以上の材質の物がお薦めです。特に裏加工が施されている包丁は、研ぎ直し等のメンテナンス性が良いので、切れなくなった場合に研ぎ直しを行う事で、いつまでも購入時の切れ味を維持出来ます。

ピックアップ