出刃包丁を選ぶ時のポイントは自分に合った刃の材質で選ぶ事

サイトマップ

包丁

家庭でも使える出刃包丁

出刃包丁は江戸時代に、魚をさばくために作られた包丁であり大阪堺の鍛冶屋や鉄砲鍛冶が作り始めたとされています。そのため現在でも堺市には包丁職人が残り、包丁専門店を営んでいます。出刃包丁は、多種ある和包丁の中でも特徴がはっきりしています。魚の骨や肉など固いものをさばきやすきように刃が厚くずっしりとした重さがあります。また形も先端にかけて細くなり鋭くとがっています。刃を入れた時魚の身がはがれやすいように反りの形状にするなど工夫がされています。一般の包丁は両刃ですが、より頑丈にするため出刃は片刃になっています。このように固いものをさばいても大丈夫なように頑丈に作られたものが出刃包丁の大きな特徴です。
出刃包丁にも大きさの種別があり、それぞれ調理目的によって使い分けることで効率よく調理することができます。まず本出刃包丁。一般的によくみる出刃包丁で刃が分厚くずっしりと重たくなっています。次に中出刃包丁。本出刃包丁の刃を薄くし、軽くなっているので女性にも扱いやすいものです。そして、小出刃包丁。本出刃包丁を刃渡り10cm程度まで短くしたものです。最後に鯵切り包丁。小出刃包丁の刃を薄くしたものです。
このように、いくつかに分かれておりプロですと使い分けしている方が多いですが、家庭用なら中出刃包丁が軽いので扱いやすいため、おすすめの1本となります。

ピックアップ