出刃包丁を選ぶ時のポイントは自分に合った刃の材質で選ぶ事

サイトマップ

包丁

出刃包丁のサイズについて

出刃包丁は主に魚をおろす際に使用される、比較的刃の厚い包丁のことを言います。刃が厚いのは魚の骨を切るためです。三徳包丁などでは刃がかけてしまうかもしれないような食材を切ることができます。主に魚を三枚におろしたり、切り身にする際に使用します。これより後の工程、刺身魚の皮引き、スライスなどには柳刃包丁が使われます。
出刃包丁を選ぶ際にはまず材質を吟味します。材質には主に鋼とステンレスがあります。頻繁に包丁を使う機会があり、使った後は脂や汚れをきれいに洗い、水分をしっかりふき取るなどきちんと管理できる場合は鋼のものを選びます。ステンレスと比べて切れ味は断然こちらのほうが良いです。しかしながら、家庭などにおいてそう頻繁に使わず、こまめなお手入れもできないという場合はステンレスを選んだほうが良いでしょう。切れ味は鋼ほどではない反面、手入れは簡単です。
材質が決まったら、次にサイズを選びましょう。サイズは扱う魚のサイズによって決めていきます。アジやサバなど、比較的小さな魚の場合は100mmほどの出刃包丁が扱いやすいです。ただ、一般的にはタイなどをおろすために使われる150mmくらいのものが良いでしょう。これならば、小さな魚もおろせるのである意味万能のサイズと言えます。

ピックアップ